アレルギーになる可能性のあるキャットフードの原料

愛猫も人と同じようにアレルギーになります。体を掻きむしったり、発疹が出たり、フケがでたり、さらには、下痢や嘔吐など、様々な症状が出てきます。

アレルギーは、花粉やハウスダスト、食物などが原因で過剰反応が出る状態のことです。原因となる「アレルゲン」は、様々ですが、キャットフードの含まれる原材料で食物アレルギーを引き起こす場合も少なくありません。

もっともアレルゲンとなる可能性が強いのが、「穀物」です。特に「小麦」や「トウモロコシ」はアレルギーになるリスクが高いと言われています。原材料の中で、このような穀類が多く含まれているキャットフードには注意が必要です。

ネコちゃんにとって、動物性タンパク質はもっとも必要な栄養素ですが、動物性タンパク質でもアレルゲンになる場合もあります。特定のタンパク質が上手に吸収できなかったり、胃腸が弱っている場合にアレルギー反応を引き起こしてしまいます。牛や豚、鳥などの肉でアレルギー反応を出した場合は、「ラム」や「ウサギ」など食べたことのない肉を原材料にしているキャットフードに変えてみるのも良いでしょう。

キャットフードには、乾燥させた状態の「卵」が含まれているものがあります。栄養を強化するのが目的ですが、人と同じように卵に対するアレルギーがあるネコちゃんもいます。

確率的には少ないですが、「大豆」にアレルギー反応を示すネコちゃんがいます。プレミアムフードには穀物を使用していないものが多くありますが、大豆は使用しています。「グレインフリー」だからと言って100%安心はできません。

また、合成添加物にも注意が必要です。合成添加物が体内に蓄積すると免疫力が低下して、アレルギーを引き起こしてしまうリスクが高くなります。特に発ガンリスクが懸念される保存料や合成着色料は要注意です。

何がアレルゲンなのかは、愛猫によって違います。アレルギーが疑われる症状が出たら、まずは、動物病院に行ってアレルゲンを特定してもらいましょう。アレルゲンがわかれば、アレルゲンの含まれていないキャットフードを選ぶことができます。