キャットフードになぜ穀物が含まれているのか

猫は元来肉食の動物です。穀物を食べる習慣はありません。しかし、キャットフードの多くには、原材料に穀物が使われています。なぜ、食べる習慣のない穀類が入っているのでしょうか?

ひとつの理由は、「食物繊維」です。猫は腸が短く穀物を消化するのが苦手です。しかし、穀物が必要ないかと言えば、答えは「NO」です。穀物に多く含まれる食物繊維はネコちゃんの健康のためにも必要なものです。野生の猫は、小動物を丸ごと食べていたので、獲物の中に含まれている食物繊維を体内に入れていました。しかし、人と生活する中で、肉や魚の食生活が中心となり、あまり穀物を食べる習慣はなかったのです。かつての日本では、お米に鰹節などを混ぜた「ねこまんま」が主流でしたので、海外よりは食物繊維を摂取していたようです。

キャットフードに含まれる穀物には、「小麦」「トウモロコシ」「米」「大麦」「玄米」などがあります。キャットフードに穀物が含まれている、もうひとつの理由は、「コスト」です。他の原材料に比較すると穀物の原価はかなり安くなっています。そのため、安い価格でキャットフードを販売することができるのです。キャットフードの原材料で穀物が最初に表示されているようなものは、価格を安くするために穀物を多くしている場合があるので、要注意です。特に、「小麦」や「トウモロコシ」がメインになっているキャットフードはオススメできません。

穀物が多いと消化不良を引き起こし下痢や軟便の原因になります。また、消化が悪いものが蓄積されると食物アレルギーになる危険性もあります。特に、「小麦」や「トウモロコシ」には注意が必要です。

また、穀物の主成分は「炭水化物」です。炭水化物には「糖質」が多く含まれているので、過剰に摂取すると肥満の原因にもなります。

最近では、「グレインフリー(穀物不使用)」のキャットフードが注目されていますが、一般のキャットフードよりも価格が高いので、毎日の食事代としては経済的に負担になります。もちろん愛猫の健康維持のためには質の良いものを選ぶことは悪くありません。しかし、穀物が入っているから全てが悪いというものではありません。どんな穀物がどのぐらい使用されているのかをチェックすることで、安全なキャットフード選びは可能です。キャットフードに対する正しい知識を持つことが大切ですね。