野菜入りキャットフードのメリット・デメリット

ダイエットや健康維持のために野菜を積極的に食べる人は多くなっています。人にとっては、野菜は腸内環境を良くするために欠かせないものですが、愛猫にとっては少し事情が異なります。それは、猫は元来肉食動物なので野菜を食べる習性はありません。また、腸が短いので、野菜や穀物などの消化が上手くできず、生の野菜は腸に負担をかけてしまいます。

しかし、全く野菜が必要ないわけではありません。野菜に含まれる栄養は愛猫にも不可欠です。野生の猫は、ネズミなどの小動物を丸ごと食べていました。小動物などは野菜や穀物を食べているので間接的に野菜を摂取していたのです。

キャットフードにも野菜が含まれているものがありますが、目的は食物繊維の摂取です。胃腸の中に溜まった毛を排泄したり、腸内環境を整える効果があります。ネコちゃんの健康のために良いと言われているが、「キャベツ」「ニンジン」「ブロッコリー」です。

キャベツは食物繊維が多く、善玉菌を活性化させて腸内環境を整えます。また、ビタミンCやビタミンKも含まれ、抗酸化作用も期待されています。ニンジンに含まれる「カロテン」は、皮膚や細胞の新陳代謝を良くして、愛猫の皮膚を健康に保ち被毛にツヤを与える効果があります。ブロッコリーにも、ビタミンCやカロテンが多く含まれています。

全ての野菜が良いわけではありません。特にネギ類は中毒症をおこす危険性があるので、絶対に与えてはいけません。

キャットフードに含まれる野菜のデメリットは、熱処理によって栄養素が多く失われてしまうことです。また、見た目に野菜らしさを強調するために合成着色料が使われている場合があります。猫は色を認識する能力が低いので、猫には着色は意味がありません。つまり、飼い主が美味しそうに感じるために着色しているのです。特に、合成着色料には愛猫の健康を害するリスクが言われているものもあるので、注意が必要です。

野菜入りのキャットフードは、愛猫の健康状態を良く考えて選ぶようにしましょう。特に原材料や添加物などきちんとチェックすることが大切ですね。