キャットフードの原材料(パウダー)

キャットフードの原材料には、「○○パウダー」と表示されているものがあります。これらは、原材料を細かくすりつぶしたもので、消化吸収が良くなっています。これらのパウダーの中で注意したいのが、「ビーフパウダー」「ポークパウダー」「チキンパウダー」「フィッシュパウダー」です。

特に「ビーフパウダー」「ポークパウダー」「チキンパウダー」は、死んだ動物や死にかけた動物、病気の動物、障害のある動物などの「4Dミート」と呼ばれる危険な肉が使用されている可能性があります。すぐに愛猫の健康に害を及ぼすものではありませんが、長期間食べ続けていると体内に蓄積されて将来的に害になる危険性があります。特に、価格の安いキャットフードには、このような粗悪な肉が使用されている可能性が高いので注意した方が良いでしょう。

「フィッシュパウダー」は、肉類のパウダーのような危険性は低いですが、パウダーにすることで栄養素が失われてしまう恐れがあります。また、原材料が不明なので粗悪な魚が使われている可能性も否定できません。

「チーズパウダー」や「ミルクパウダー」は、ネコちゃんの食欲を高めるために使用される場合が多いようです。芳醇な香りが愛猫の食欲を刺激します。また、パウダーにすることで消化吸収が良く、栄養を効果的に取り入れられます。食欲がないネコちゃんや飽きっぽいネコちゃんの「おやつ」として、チーズパウダーやミルクパウダーを使ったものも数多くあります。

このように、パウダーにも様々なものがあります。パウダー=危険なものと言うのは短絡的すぎます。それぞれのパウダーの意味を理解して下さい。パウダーでコーティングされたドライフードは食感も良く、愛猫の食欲を増進させるのに効果があります。また、消化吸収も良くなるので、腸内環境を整え、便秘の改善やウンチの匂いの改善にもつながります。

何が良くて何が悪いのかを正しく理解して、愛猫に合ったキャットフードを選んで下さい。