キャットフードの原材料(野菜)

猫は完全肉食動物です。野生の猫は、ネズミなどの小動物を丸ごと食べていたので、野菜だけを食べる習慣はありません。また、腸が短く野菜を上手に消化できないのです。胃腸に負担をかけてしまうので、ネコちゃんに野菜を与えるのはあまりオススメできません。

しかし、猫にとっても食物繊維は必要です。野生の猫は丸ごと食べた獲物から食物繊維を自然に摂取していたのです。飼い猫の場合、そのような自然の形で食物繊維を摂取することはできません。そのためにキャットフードには、野菜や穀物が少し含まれています。

キャットフードに含まれる野菜は、不溶性の食物繊維などので消化されずに大腸まで送られます。大腸を刺激して排便を促します。腸内環境の改善にも役立っています。また、毛玉を排出するにも効果的です。

毛玉対策で、「猫草」がありますが、猫草は毛玉を吐き出すためにもので、胃腸にとってはあまり良いとは言えません。野生の猫のように自然な形で食物繊維を取ることが大切です。
最近では、野菜に含まれる食物繊維が健康にも良いと言われています。そのため、ドライフードに野菜を混ぜてあげる飼い主の方も多くなっているようです。

この場合、胃腸に負担をかけないように、茹でた野菜をみじん切りにして少しだけキャットにトッピングするようにしましょう。また、長ネギや玉ねぎ、ニラなどのネギ類は絶対に与えないで下さい。ネギ類には、猫の赤血球を破壊する危険性があり、貧血などの原因になります。ネコちゃんに与える野菜では、キャベツやブロッコリー、サツマイモやカボチャがオススメです。

猫の腸内細菌は人の1000分の1と非常に少なくなっています。腸内細菌は食物繊維を体内の取り入れる働きをするので、食物繊維が多すぎると吸収できずに、腸内に溜まってしまいます。下痢や嘔吐、便秘の原因になるので、野菜の与えすぎには注意が必要です。

キャットフードに含まれる野菜は、バランスを考慮して配分されていますが、ネコちゃんの体質によっては、合わないことがあります。便秘や嘔吐などがある場合は、キャットフードを変えてみることも必要ですね。